放射線治療でがんを撃退|転移から再発までもパッと解決

看護師

脳腫瘍の1種

病院

髄膜腫は脳腫瘍の1つとして分類されます。脳腫瘍の20%は髄膜腫だと言われているので比較的名前の知られている腫瘍です。脳で発生する腫瘍は比較的珍しく、発生頻度としては1万人に1人の割合で脳腫瘍が発生します。腫瘍が脳に発生してしまう可能としては低いため、いまだにはっきりとした発生原因はわかっていません。男性よりも女性に多い腫瘍として知られているので女性ホルモンなどに関係していると言われています。髄膜腫が発生する際には頭蓋骨の内側にある硬膜から発生します。脳から直接腫瘍が発生するのではなく、頭蓋骨の硬膜から発生した腫瘍が脳を圧迫するのが特徴です。腫瘍といっても必ずしも悪性であるわけではありません。発生する腫瘍中には良性のものもあります。良性の場合は成長がゆっくりで転移などもしないので非常に治療しやすい病気として知られています。悪性の場合はがんの成長スピードも早く転移する可能性もあるので注意しなければなりません。良性の割合が多いため、進行スピードなどは比較的遅いので進行状況に合わせて治療方方法をしっかりと医師と相談してから治療に取り組みましょう。

髄膜腫の場合、症状がすでに表れている状態であれば切除手術を行なわなければなりません。基本的脳腫瘍だけを切除するのは難しいため、頭蓋骨の硬膜もほぼ一緒に摘出する事になります。摘出する意外にも放射線治療などがあるので、症状と相談しながらどの方法が最も適している方法を選択して治療に励みましょう。